発酵BLENDタイムス

新しい旅の出発点
〈TABI BAR & CAFE from SUZUVEL〉が
新潟を美食の街として輝かせる

posted:2019.11.29

JR新潟駅構内に〈TABI BAR & CAFE from SUZUVEL(タビバー アンド カフェ フロム スズベル)〉がオープンしました。 コンセプトは「食の観光案内所」。 新潟の発酵食を中心としたメニューを中心に、県内の魅力を集約した「人と人を繋いで、伝えて、未来へ紡ぐ」新しいスペースです。

飲食店にとどまらない食の観光案内所

〈TABI BAR & CAFE from SUZUVEL〉は、飲食店としての機能はもちろん、食を軸とした観光案内所としての機能も期待されています。

〈TABI BAR & CAFE from SUZUVEL〉誕生のきっかけは、新潟の観光業が抱える課題を解決するため。新潟には魅力的な農作物や観光資源が数多くあるにも関わらず、プロモーションをやりきれていないという悩みがありました。そこで新たな観光地をつくるのではなく、もともとある新潟の魅力を集めて新たなかたちで発信する試みができないか? というアイデアから、今回の企画が生まれたのです。

新潟県内にレストランや居酒屋、グロサリーストアなど6店を運営、自社加工品の製造と販売を行う〈有限会社 寿々瀧(SUZUgroup)〉が手がけました。

お店では新潟の食材を使った食事や日本酒を提供するほか、「新潟の食文化」をキーワードとした観光ツアーの企画や、県内の食に関する情報を集めた「おいしいパスポート」も制作中です。今後はゲストハウスのチェックイン機能の導入も予定。ワクワクする食材との出合いのみならず、便利な機能も続々登場します。

発酵を中心としたメニューで新潟の食文化を発信

提供するメニューは「発酵」を軸に考案されたもの。麹・日本酒・雪室、新潟に根づくさまざまな発酵文化をベースに、新しい視点でメニューを開発。世界的にも注目されている発酵の魅力と新潟の食文化を、フードとドリンクの両方で楽しめます。

コシヒカリ玄米味噌と糀を使用したチキンカレー「TABIBAR 発酵カレー」。

新潟県の食材を使ったフードメニューのほか、希少価値の高い日本酒や糀ドリンク・糀BEERなどのアルコールも充実。今後は県内の企業や農家とコラボすることで、地元の方たちも新潟の魅力を再発見できるメニュー開発も考案中です。

フルーツと自家製発酵シロップでつくるTABIBARオリジナルドリンク「発酵フルーツソーダ・サワー」。フルーツは季節によって変わる。

新潟駅の新スポット〈TABI BAR & CAFÉ from SUZUVEL〉。観光でいらした方はふらっと立ち寄るだけで「おいしい発見」があり、地元の方はこれまで気づかなかった新潟の「新しい発見」があるはずです。あなただけの発見を探しに、立ち寄ってみてください。

information

〈TABI BAR & CAFÉ from SUZUVEL〉

address:新潟県新潟市中央区花園1-1-1 CoCoLo新潟西N+
営業時間:10:00〜20:00
定休日:無休
web:http://suzugroup.com/tabibar

発酵BLENDタイムス